COMPANY

会社概要

代表挨拶

 
「深蒸し茶」の味を追求し続けます。

弊社は、八女茶の生産者として昭和30年に創業し、これまで、全国農林水産大臣賞をはじめ多くの賞を受賞してきました。
私たちが一番大切にしている事は、生産の現場です。葉っぱが良くなければ、製茶の技術が優れていても、上質なお茶はできません。弊社では、大自然の恵みをしっかり受けた自社農園での栽培を行い、安全で安心して飲める高品質な製茶にこだわっております。製茶は、深蒸し茶にこだわり、日々技術の向上に取り組んでおります。ぜひ鵜ノ池製茶工場の上質なお茶を一度ご賞味ください。

代表取締役 溝田チサ子

 
創業60年、鵜ノ池製茶工場の歩み…。


先代の溝田 格は「多くの人に本物のお茶を」という思いで、長い年月をお茶づくりに捧げてきました。納得できるお茶を作るため、暑い日も寒い日も毎日畑へ行き、葉の状態を見極め試行錯誤を繰り返しておりました。先代があまりに畑に行くため、家族は「そんなに行って何をしているの?」と尋ねていたくらいです。その時、先代は「ちゃんとお茶が話してくれるよ。」と言っていたエピソードが残っています。
そしてついに努力が実を結び「全国農林水産大臣賞」を受賞することが出来たのです。先代のお茶に対する姿勢は、まさに「お茶の匠」であったと思います。そんなお茶への情熱・想いを継承し、私たちは上質なお茶を作り続けています。
 

農林水産大臣賞とは

お茶の品質で、外観・味・香り・水色の4つを審査して評価を競います。 農林水産大臣賞には、全品と県品とがあり、全国規模で行われる全品で一等一席をいただくと「全国農林水産大臣賞」を頂くことができます。

会社概要

社名

有限会社鵜ノ池製茶工場(うのいけせいちゃこうじょう)

商品ブランド名:製茶匠 鵜ノ池

卸商品・海外ブランド名:UNO JAPAN

資本金

360万円

代表者

溝田 チサ子

所在地・工場

〒834-0055 福岡県八女市鵜池1160

連絡先

Tel:0943-23-5519 Fax:0943-23-5467

取引銀行

西日本シティ銀行

事業内容

八女茶の生産・製造

八女茶の小売販売・通信販売(ブランド名:製茶匠 鵜ノ池)

卸販売・輸出(ブランド名:UNO JAPAN)

会社沿革

昭和30年8月

製茶業を創業、共同工場設立

昭和50年3月

八女茶の販売開始

昭和59年10月

全国農林水産大臣賞 受賞

平成18年3月

有限会社鵜池製茶工場 設立

平成25年8月

茶の充填室新設

茶の卸事業開始

新ブランド:UNO JAPAN立ち上げ

平成25年12月

日本ハラール協会認証取得(平成27年まで)

平成26年8月

台湾残留農薬基準合格

平成27年1月

海外取引開始

平成28年2月

台湾へ輸出開始

平成28年6月

カフェオープン

平成28年9月

マレーシアへ輸出開始

平成28年9月

その他農産物の生産、加工開始